睡眠薬は2種類ある

こんにちは。金子です。

20171215_

睡眠薬に対して、何となく怖いものというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。

睡眠薬には大きく分けて2つの種類があります。
お医者さんが処方する「睡眠導入剤」と、
薬局で市販している「睡眠改善薬」です。
これらの総称として、一般的に睡眠薬という表現が使われているんですね。

睡眠導入剤は、ごくごく分かりやすく説明しますと、
脳を麻酔で眠らせるような作用があります。
そのため使用には、医師による慎重な判断が必要です。
一方、睡眠改善薬は、作用がより弱く抑えられていて、
風邪薬を飲んで眠くなるのと同じようなレベルです。

眠れないのは本当に辛いことではありますし、体にも負担がかかります。
ですが薬に頼りすぎるのもまた、別の負担を体にかけることになります。

夜になったら自然に眠気が起きるように、
日中は活発に動いて、昼夜のメリハリのある生活を心がけましょう。
それでは昼間は元気に動いて、今日も良い眠りを。

② ねる研!~熟睡同好会~ / 2017年12月15日 (金)