ダイエットには運動が一番!

こんにちは。佃です。
すっかり春めいて、寒さも和らいできましたね。
昔は会社でもお花見をしたものですが、
最近はそれもなくなって少々寂しいです。(´;ω;`)

その代わりという訳ではありませんが、前にも書きましたが
昨年から社内の有志が集まってウォーキングを始めました。20190419_
でもそれは月に2回ぐらいで、間が開くせいか余計に疲れてしまうんですよね。
それで普段から歩くようにしようと会社から家まで歩いてみたんです。10キロくらいなんですが、歩けるものですね。今では週に2回くらい会社帰りは歩いています。

おかげでお腹も凹んできました!(*^▽^*)
ダイエットしたいみなさま、食事制限もいいですがやっぱり運動に限りますよ。
夜も気持ちよく眠れて、良いことづくめです♪

① はね研!~羽毛研究会~ / 2019年4月19日 (金)

室内環境に合わせた寝具選びを

こんにちは。佃です。1月以来の更新ですね。
引っ越しシーズンを迎えて、最近は「引っ越し難民」なんて言葉も聞かれますが、転居を控えているみなさまは、準備はお済みでしょうか?

新生活に合わせて、おふとんを新調されることがあると思います。
弊社でもありがたいことに、掛けふとん・敷きふとん・枕を
セットでご購入くださるケースが結構あります。

20190315_

おふとんを選ぶ際は、おふとんそのものの品質も大切ですが、お住いの環境との組み合わせも、考慮することをおすすめします。

というのも最近の新しいマンションは、気密性が高く室内が暖かいんですね。特に上下左右を囲まれている位置の部屋だと、お隣さんが断熱材の役割をしてくれますから、なお暖かくなります。なのであまり厚手のおふとんだと、暑くて熟睡できなくなってしまうことがあるんですね。

おふとんを新しく購入される時は、
どんなお部屋で眠るのかも踏まえて、商品をチェックしてみてください。

① はね研!~羽毛研究会~ / 2019年3月15日 (金)

品質で選ばれてます♪

こんにちは。佃です。今年もよろしくお願いいたします!

今日は1月11日ですね。そして何と!
このブログは111回目!1並びミラクル!\(^o^)/

それはさておき…
20190111_この週末は3連休でお出かけをされる方も多いと思いますが、私も姪っ子の結婚式に出席します。昨年から姪や甥の結婚式が続いて、私もそんな年になったんだな~としみじみしています。

寝具は、新生活が始まる結婚のお祝いにとってもおすすめです!
東洋羽毛の場合、弊社のおふとんをお使いのお客様が、

製品のクオリティに納得して、お子さんやお孫さん夫婦のために

ご購入くださるケースが多いんですね。
品質を知った上で選んでくださるというのは、
メーカーとして非常にうれしいしありがたいことです。(*^▽^*)

これからも「品質」で選んでいただけるように
製品づくりに力を入れていきますよ!

① はね研!~羽毛研究会~ / 2019年1月11日 (金)

おふとんの品質基準を統一!

こんにちは。佃です。
いよいよ2018年もあと1か月ですね。

ふとん業界では現在、掛けふとん、敷きふとん、枕の3つに対して、20181207_
「選び方」の共通基準を策定中です。

もちろんこれまでも、おふとんの品質を表すマークや指針はありましたが、一般にお客様にはわかりにくいのでは?という声があったんです。

そこで改めて、掛けふとんで言えば、保温性、軽さ、吸湿放湿性について、それぞれ基準(ランク)を作って星をつけることで、お客様におふとんを選ぶ際の目安にしていただこうと始まりました。
今年度中には実施を開始したいと思っています。

ただ現時点では、羽毛ふとんと化繊ふとんしか基準ができていないんですね。また掛けふとんは、側生地の素材によっても質に差が出てきますから、
いずれはそういった部分の基準も作っていく必要があります。
もっと幅広い製品の基準を作って、みなさまにご活用いただけるように、
業界全体で鋭意活動中です!b(^^)d

① はね研!~羽毛研究会~ / 2018年12月 7日 (金)

直接見て確かめるのは重要です!

こんにちは。佃です。
11月に入り、お出かけにもいい季節になりましたね。
私自身は、最近は旅行どころか、出張に出ることも少なくなって
ちょっと寂しいところではありますが…(´;ω;`)

そういえば以前、工場の担当者が原羽毛の海外視察に行ってきたんです。20181102_
羽毛の原産国は、ヨーロッパや中国が多く、
中でもハンガリーやポーランド、フランスがよく知られています。今回は、ヨーロッパ方面で、規模は小さいながら、質のいい羽毛が取れる場所でした。

食用のダックやグースを育てた際に出た羽毛が
羽毛ふとんの原料となります。
つまり原羽毛の供給元は、食肉としての水鳥を飼育しているわけで、
当然、肉質の良し悪しを基準に育てています。
ですからどうしても、羽毛の品質は二の次になってしまうんですね。

そうした中でも、いい環境で健康に育っている水鳥は、
羽毛の質も良くなります。
水鳥が、どんな施設でどのように育てられているのか?
それを自分たちの目で直接確かめることは、
羽毛ふとんメーカーにとって非常に重要な仕事なんですね。

① はね研!~羽毛研究会~ / 2018年11月 2日 (金)

»